太陽光

オール電化(エコキュート、IHクッキングヒーター)販売・施工実績トップクラスの激安ショップはここです!

メーカー一括大量仕入により実現したこの価格。対応地域は新潟県全域になります。

見積りのご依頼はこちら
キッチンのオール電化お風呂のオール電化リビングのオール電化
東芝+パナソニックオール電化セット パナソニックIHクッキングヒーターKZ-D32AS+エコキュートHE-S37EQS
当店最安値お値打ちセット!!
東芝+パナソニックオール電化セット
パナソニックIHクッキングヒーターKZ-D32AS+エコキュートHE-S37GQCS
パナソニックIH+エコキュートオール電化とくとくセット
更新日:2014年8月26日お客様の声:1,150件施工事例:1,425件|日本応援オール電化セット!すぐにオール電化にしたい方必見!
お問合せはフリーダイヤル0120-054-405 エコキュート在庫でお困りの方へ
当店はダイキン特約店です!
新着情報とお知らせ

新潟県東区 清水様邸

施工実績
-
-
-
-
-

五泉市 忠岡様邸

施工実績
-

新潟市 咲田様邸

施工実績
-

魚沼市 米田様邸

施工実績
-

11/3/13

open

オール電化専門店とくとくショップリニューアル致しました!

-

小千谷町 河合様邸

施工実績
-

上超市 戸田様邸

施工実績
-

若狭町 守口様邸

施工実績
-
-

新潟県 田村様邸

施工実績
-
-
とくとくスタッフ

ご希望の商品をお選びいただき、無料の現地調査見積りをご依頼ください。
無料の現地調査見積りのご依頼はコチラから!

オール電化のデメリットまとめ

メリットだらけ?オール電化のデメリットを知る

オール電化によるメリットはとても大きいですが、デメリットもあります。
しかしながら誤解や勘違いも多いのも事実です。
ここでは、実際にオール電化にすることでのデメリットと、
事実と違う勘違いな部分と整理して考えます。

エコキュートのデメリット

1.設置場所が必要
エコキュートはヒートポンプと貯湯タンクの2つを設置しなければいけません。
ヒートポンプはクーラーの室外機ほどの大きさなのですが、問題は貯湯タンクにあります。
現在ではスリム型や薄型などのコンパクトタイプや床下設置型などが
各メーカーから発売されていますが、やはり貯湯量が大きくなれば
タンクも大きくなるのは必然です。
大きいエコキュートでは高さ2メートルを超え、見上げてしまう大きさです。
標準で60センチ四方のスペースがあれば問題ありません。
2.ガス給湯器よりも高い
最近特にガス会社も値引き攻勢にて対抗してきていることもあり、値段の差は2倍から3倍ぐらいでしょうか。
フルオートタイプで比較するとリンナイのガス給湯器が30万前後に対して、ダイキン製エコキュート460リットルタイプで82万円ほどです。
ちなみにとくとくショップ価格ですと487,000円で工事費なども全て込みです(^_^)
3.許容量がある
ガス給湯器と比較してエコキュートのデメリットと言えば許容量があることは
マイナス面であると言えますが、お湯切れがあるか否かという面で考えると、
エコキュートのタンクの大きさも選べますし、お湯切れがないように自動設定もできます。
許容量という面ではあまり考えなくても良いでしょう。
4.設置工事が必要
電気給湯に替えるために工事は必要です。
多機能タイプや、床暖房付きの大がかりな物でも約半日~1日の工事で完了しますが、
オール電化工事には資格が必要になります。
(社)日本冷凍空調工業会の指導に基づき、電気工事は【第一種又は第二種電気工事士】、
冷水給湯・配管工事は【給水設置工事主任技術者】又は、【給水設置工事配管技術者】の
資格を有する者が工事を行う必要があります。
5.発売されてから日が浅い
最初にデンソー・コロナが開発してまだ5年ほどしか経っていませんので、
性能や耐久年数などは、実験結果や予測になってしまいます。
6.ガスの給湯器に比べて湯圧が低い
ほとんどのエコキュートには給水側に減圧弁と言われる装置が付いています。
これによりお湯の圧力(シャワーなど)が少し下がる場合がありますが、
通常使用分に関しては気にするほどではないでしょう。
7.単相200Vの引き込み工事が必要の場合がある
通常の家電製品(テレビや冷蔵庫など)の電源は100Vですが、
IHクッキングヒーターやエコキュートの電源は200Vが使用されています。
築20年未満の住宅の場合、単相200Vの電源は引き込まれているケースが多く、
この場合分電盤にブレーカーの増設工事のみになりますが、それ以前の住宅の場合、
引き込み工事が必要になる場合があります。
引き込み工事は別途工事料金が必要となる場合があります。
エコキュートデメリットまとめ
エコキュートのデメリットは大きく2つになるでしょう。
一つは設置場所、もう一つは初期投資費用。
導入の段階でこの二つをクリアできれば、
あとは大きな恩恵を受けられるのではないでしょうか。

IHクッキングヒーターのデメリット

1.鍋が限定される
全ての鍋が使えるとされるオールメタルIHクッキングヒーターがパナソニックなどから発売されていますが、その分値段も高くなってしまいますので、ここでは標準のIHクッキングヒーターとの比較してみます。

まず、ガスコンロが鍋の底を温めるのに対して、IHクッキングヒーターは鍋全体を温めるため鍋底は平面になっていなければなりません。
これはオールメタルであったとしても絶対条件になります。

たしかに使える鍋は限定されますが、特に大きな問題ではなく、
昔から使っている高価な鍋などどうしてもこれでなければ、といったものでない限り鍋もIH専用のものに買い換えてもいいのではないでしょうか?
これで鍋の問題は全て解決します。

最近ホームセンターなどで販売されている1000円ほどの鍋でもIHクッキングヒーター対応になっているものが殆どなのであまり神経質になる必要はないでしょう。
2.直火料理ができない
ガスコンロに絶対に勝てないであろう唯一のものは、
この直火料理ができないと言う点です。

特に中華料理など鍋ふりが大切な料理に対してはそう思う方も多くいらっしゃると思います。
しかしながら、IHクッキングヒーターでの調理は鍋を振らなくても、
鍋を振ったのと同等以上においしい料理ができるとしています。
つまり鍋を振る必要がないというのです。

これまでのガスコンロは鍋肌が熱くなり、その熱を上手に具材に伝えるために鍋を振っているわけですが、IHクッキングヒーターの場合は鍋底が最も熱くなるので鍋を振ると鍋底を具材にぶつける、という調理方法が無用になったのです。
鍋を振る変わりに鍋底で具材をかき混ぜるだけで上手に加熱調理できるのです。

また、光センサーで鍋ふりが可能な新製品も登場して、IHクッキングヒーターは凄い勢いで進歩しています。

オール電化・勘違いやデマなど エコキュート編

1.オール電化にすると停電になったら全て終わる
結論から言えば、停電になれば大変困ります。
しかしながら、ガスを併用している場合でも困るのと変わりありません。
ガス機器も高性能のものになればなるほど電気制御をしていますから、停電になれば全て使えません。
オール電化という言葉自体のイメージが停電に弱いと捉えられがちですが、現状と変わらないのです。
ちなみに、日本の2006年度の停電時間は一年間で合計約3分間と素晴らしく優秀な発電システムを誇ります。
2. お湯切れがひどい
デメリットのところでもご紹介しましたが、確かに半無限にお湯が出てくる
ガスの給湯器に比べてエコキュートのお湯には限りがあります。
しかしながら、我々がエコキュートの施工工事に携わったお客様からも
お湯切れで困った、という声は一度も聞いたことがありませんし、
「自動炊きまし」「常時満タン設定」にすることでほぼ完璧にお湯切れの問題は解決します。

では何故このような勘違いが起こっているのか。
エコキュートが登場してまだ5年(平成19年度)ほどですが、
電気温水器の歴史は結構古くて昭和39年に第一号機が登場しました。
この電気温水器もタンクにお湯を貯めるという現在のエコキュートと同じ構造だったのですが、性能面での欠陥により、お湯切れが多発してしまったのです。
同時に鉄製タンクが錆びて水が赤褐色になってしまったり、
その錆で穴が空き、お湯漏れが発生するなどの不具合がでました。
その時のイメージが強く残り、今のエコキュートなどにも
同じ印象を持ってしまっているのかも知れません。
しかしながら、現在のエコキュートや電気温水器は、焚きまし機能や
ステンレス製のタンクの使用などこれらの問題はほぼ完璧に解決しています。
3.夜しかお風呂に入れない。
もちろん、いつでも入れます。
これまでのガスの給湯器では沸かしたお湯をすぐに使いますので、
お湯を貯めるという感覚にまだ馴染めないことが原因で、深夜にお湯をつくるのだから深夜しか風呂に入れないのでは!?という勘違いがに繋がったのかも知れません。
それでも少し無理矢理な解釈ですね。
この夜しかお風呂に入れない、などの誤解など、悪意をもって・・という感じがしないでもありませんが・・・
4.昼間の電気代が高いので昼に電気を使う家では逆に高くなる
オール電化向けのプランは電力会社によって少しずつ異なります。
ここでは関西電力の「はぴeタイム」「はぴeプラン」を例に考えます。
「はぴeタイム」は夜間と夜と昼の3つの時間帯で電気の料金単価を変えるというものです。
通常の電気料金は時間などに関係なく1kw/hあたり、24円前後となります。(使用量により変動)
それに対して「はぴeタイム」の料金形態は昼の時間帯で1kw/hあたり28.02円、
夜の時間帯で21.64円、深夜の時間帯で8.19円になります。
ここから考えると確かにお昼の時間は電気単価が上がっていますが、
それを補って余るだけの深夜電力が料金プランがあり、
約70%も割安になっています。
もちろんこの深夜電力を適応させることがオール電化のねらいでもあり、
その安い深夜電力を使って翌日分のお湯を前日の深夜にタンクに貯めるという流れになるわけです。
結論として確かにお昼間に電気をたくさん使う家庭はオール電化のメリットを受けにくいかも知れませんが、それ以上に深夜電力のメリットが大きいのです。
オール電化にして光熱費が高くなってしまうことや、
光熱費のメリットがでないことはまずないでしょう。
5.エネルギーを一本化することは危険
これは、リスク分散という考え方からだと思いますが、
リスクという面から考えると、ガスを使用することで「空焚き、ガス漏れ」や
衣服に着火したことが原因の火災が全体の20%にものぼることなどから考えても、
一本化することのリスクより、ガスを使用することのリスクの方がはるかに大きい
のではないでしょうか。
特にお年寄りやお子様がいらっしゃるご家庭なら、
安全面から考えても一本化するべきだと言えます。
6.電気エネルギーは効率悪く無駄が多い
これは大きな勘違いです。
何が原因かと言えば恐らく、発電所の発電効率の事を言っているのではと思われます。
どういう事かと言えば、発電所の発電効率は石炭や石油、天然ガス等の
1次エネルギーの40%ほどしかなく残り60%はロスであり、言わば捨てているようなもの。
それに比べてガス発電のエコウィルは自宅で発電するので廃熱を上手に利用できて効果的である。
1次エネルギーの77%を利用できるとして、電気と比較しているのです。
これはあまりに何も解ってない方の誤解であると言わざるを得ません。
何故ならエコキュートのヒートポンプという優れた技術は
COP4.9という凄まじい発電数字を出しているのをご存じないようです。
このCOPとは、「1」の電気に対して「4.9倍」の熱を集めることができるという意味です。
これがエコキュートの凄さです。
仮に家庭で使えるエネルギーが1次エネルギーの30%まで減っていたとしても
エコキュートならそのヒートポンプ技術により4.9倍にする力を持っています。
ですから30%×4.9として1次エネルギーの100%を軽く越えてしまっている効率を発揮するのです。
エコウィルの77%という数字と比較しても2倍以上の効率の良さなのです。
7.ガスが使えないと不安
まず、ガスが使えない事による不安とは何か?
1.電気だけだと停電時に何もできない?
2.将来電気代が大幅に値上げされてしまうかも知れない?
3.直火を使わないことで子供が火の危険性を覚えられない?

1.停電時の不安
上のとおり、ガスが使えようが使えまいが、停電時には不便になります。

2.将来電気代が値上がりするかも知れない?
電気代は法律(電気事業法)によって決められていますので電力会社都合による勝手な大幅値上げは考えにくいでしょう。
逆にプロパンガスの場合は会社都合によって価格が決められています。
電力会社は発電のためにガスを使っているのでガス会社の最大の需用者であると言われています。
よってガスは安いけど電気は高いという条項よりもガスも高いし電気も高い、と連動して価格が動くと考える方が自然だと思います。

3.子供が火の危険性を覚えられない?
何もガスコンロで教育しなくてもよいのではないでしょうか?
ライターでもキャンプの時のアウトドアで教えるのもいいでしょう。
火の危険性を教える機会はいくらでもありそうです。

オール電化・勘違いやデマなど IHクッキングヒーター編

1.火力が弱い
これは実際にIHクッキングヒーターを使えば一目瞭然です。
目に見えてガスコンロの火力よりも強力であることが実感できます。
ガスコンロのハイカロリーバーナーは2,0kw相当すると言われていますが、
現在のIHクッキングヒーターの大半は3,0kwを標準装備しています。
1.電磁波が与える影響が大きい
これがオール電化の誤解や間違っている認識のナンバーワンではないでしょうか。
IHクッキングヒーターの便利さ、快適さは理解できていても
電磁波の影響が心配で躊躇している方も少なくないと思われます。
しかしながらこれは全くの誤解であることが立証されています。
電磁波の危険性に関する調査・研究を20年以上にわたり実施している
WHO(世界保険機構)ではIHクッキングヒーターが人体に与える影響は
ほとんど無く、コーヒーやたくわんなどと同レベルである
という研究の結果を発表しています。
電磁波ががんや白血病の原因になるという主張自体が間違っているのです。
東芝エコキュートパナソニックIHセット
東芝エコキュート+パナソニックIHセット
パナソニックエコキュート+IHオール電化とくとくセット
パナソニックエコキュート+IHオール電化とくとくセットの全てコミコミ価格セット
三菱セット+オール電化とくとくセット
三菱オール電化とくとくセット
日立+オール電化とくとくセット
日立IH+エコキュートとくとくセット
ダイキンエコキュート+日立IHオール電化とくとくセット
ダイキンエコキュート+日立IHオール電化とくとくセット
太陽光発電専門サイトへ
太陽光発電とセットでさらにお得!太陽光発電専門サイトへ。
オール電化+ヘルシオセット
オール電化+ヘルシオセット【大人気!】
東芝エコキュート+パナソニックIHシングルメタルとくとくセット
東芝エコキュート+パナソニックIHシングルメタルとくとくセット
三菱オール+日立エアコンオール電化とくとくセット
三菱オール+日立エアコンオール電化とくとくセット
現地調査・お見積りのご依頼はこちら!

Copyright 2011. オール電化激安専門店とくとくショップ.All Rights Reserved.