コラム

【賃貸オーナー必見】入居率アップに太陽光発電

|

集合住宅と異なり隣と距離があるためプライバシーを守ることができる、庭がある、専用の駐車スペースがあるといった点が好まれて集合住宅よりも戸建ての賃貸住宅を選ぶという人が増えているようです。また需要の高まりにより、オーナーにとっても安定した収益を得ることができる投資先として戸建て賃貸住宅の運用は魅力のある投資先となっているようです。マンションやアパートが地域によって過剰状態になっているのに比べて戸建て住宅は空室が埋まりやすく、利回りがよいといわれています。

そんな戸建て賃貸住宅にて、最近は太陽光発電を導入するところが多くなっています。今までの戸建て賃貸住宅では、屋根を有効活用することはなかったのですが、太陽光発電パネルを設置することによって、売電して収入を得たり、作りだした電力を入居者に利用してもらうことができます。戸建て賃貸住宅の運営上で安定した収益を得るためには、空室を作らないことです。太陽光発電を導入することは戸建て賃貸住宅に付加価値をつけることなるため、入居者を募る上でプラス要素になります。また太陽光発電を導入すれば空室の状態であっても、その間も売電して収入を得て、ローンを補填するといったことも可能になります。

ただし、太陽光発電システムはひと昔前に比べると価格が下がっているとはいえ、太陽光発電システム自体への国の補助金は2014年3月に終了していますから、大きな買い物です。また太陽光発電システムは設置すれば半永久的に利用できるものではなく、メンテナンスが必要です。太陽光発電システムは野外に設置されることから、埃が堆積したり、鳥のフンによって太陽光発電パネルの表面が汚れて発電量を下げてしまう場合がありますし、飛来物などによって破損する場合もあります。安定した電力を維持し、安心して利用するためには定期的な点検やメンテナンスが必要なのです。

そのため、戸建て賃貸住宅に太陽光発電を導入する場合は、売電収入や電気代削減金額を入居者とオーナーのどちらのものにするのかという点を考え、その上で賃料などを検討する必要があります。戸建て賃貸住宅に太陽光発電を導入したとき、どちらもメリットのあるようにと考える場合は、削減できた電気代は入居者しか恩恵を受けることができませんから、売電収入をオーナーのものとすることになります。ただし、売電収入は年々下落していますから、導入はその点も踏まえて検討しましょう。

  • 多くのお客様からたくさんの笑顔をいただきました!お客様の声はこちら

とくとくショップコラム

太陽光発電のお客様の声

オール電化のお客様の声

Copyright 2019 和上ホールディングス.All Rights Reserved.

0120-054-405 24時間365日対応