コラム

今さら解説、オール電化のメリットとデメリットとは?

|

高齢化社会を迎えて安全性の問題からオール電化の住宅を検討する人が多くなっていると聞きます。確かにガスを使わず電気のみを使うオール電化の住宅では、ガス漏れなどガスによる事故の心配がなく、キッチンもIHクッキングヒーターを使うため、火の心配がなく安心と考えられています。しかし安全性が高いといわれているオール電化住宅ですが、メリットばかりではなくデメリットもあり、デメリットを承知していないとトラブルもあります。

オール電化の住宅では、調理、空調、給湯などすべてを電気によって賄います。そのため電気とガスを利用する住宅とは異なる固有の設備が設置されています。そのひとつがIHクッキングヒーターです。IHクッキングヒーターは磁力線の働きによって鍋を加熱する仕組みで、火がでないこと、また加熱センサーなどがついていて加熱管理制御が行われています。そのため、鍋の過熱しすぎによる事故など、事故が起こりにくいと考えられ、安全性の面から注目されています。またIHクッキングヒーターは突起などがなく、掃除はプレートを拭くだけで済むため、手入れの簡単なところも支持されているようです。

オール電化の住宅では、「エコキュート」や「電気温水器」といった機器によってお湯を作ります。安い深夜電力を使ってお湯を作っておくといったことが可能なため、電気代を節約することができます。暖房についてもオール電化の住宅ではエコキュートの熱を利用した「床暖房」や日中の熱を貯めて使う「蓄熱ヒーター」といった機器を利用するため、電気代の節約になりますし、太陽光発電と組み合わせて利用すれば、光熱費を大きく節約することができます。電気代やガス代には基本使用料が含まれていますが、オール電化の住宅ではエネルギーを電気に一本化することによってこの基本料金を抑えることができます。オール電化の住宅は、光熱費の節約がしやすい住宅といえます。

メリットの多いオール電化の住宅ですが、オール電化を実現するための機器を導入しなくてはならないため、導入費用が大きいところがデメリットといえるでしょう。またオール電化の住宅では災害による大規模停電が発生した場合、家中の電化製品が利用できなくなってしまいます。ガスに比べて電気の方が復旧が早いといわれていますが、家中のすべての電化製品が利用できなくなってしまうのは不便でしょう。ただし太陽光発電と蓄電池を導入していれば電力を確保することができます。しかしながら太陽光発電と蓄電池の導入にはやはり大きな導入費用がかかります。

  • 多くのお客様からたくさんの笑顔をいただきました!お客様の声はこちら

とくとくショップコラム

太陽光発電のお客様の声

オール電化のお客様の声

Copyright 2019 和上ホールディングス.All Rights Reserved.

0120-054-405 24時間365日対応