コラム

戸建て住宅に太陽光発電を設置する場合の最新相場

|

電気代の高騰などから、太陽光発電の導入を検討しようと考える人もいるでしょう。火力発電に必要な化石燃料の高騰や再エネ賦課金の増加など複数の原因によって、近年、電気代高騰が続いており、生活に占める高熱費の割合に頭を悩ませる人も多いでしょう。太陽光発電を導入し、作り出した電力を使って電力会社から購入する電力を減らせば、その、電気代の削減になります。今後も電気代の高騰が続くと予想されていることから住宅内の電力を太陽光発電に切り替えようと考える人が多くなっているようです。

しかしながら太陽光発電の導入には大きな費用がかかります。また太陽光発電は導入すれば、それだけで半永久的に発電ができるといったものではなく、長期間に渡って安定した発電を行うためには、定期的な点検やメンテナンスが大事です。また戸建て住宅の場合、太陽光発電パネルは屋根に設置しますが、後着けでパネルを設置した場合、大体10年~20年で本格的な屋根のリフォームが必要になるといわれています。

太陽光発電導入にかかる費用は、どのくらいの発電量の太陽光発電を導入するかによって大きく異なります。というのも発電効率と太陽光発電システムの価格は比例状態で、発電効率が高いほど価格も高くなるためです。太陽光発電には10kw未満の住宅用太陽光発電と10kw以上の産業用太陽光発電がありますが、戸建て住宅に導入する場合は、一般的に5kw程度の太陽光発電が導入されます。ただし戸建て住宅に太陽光発電を導入する場合、屋根の形状や素材によって工事費が大きく異なるだけでなく、設置することできる太陽光発電パネルの枚数も異なってきます。屋根の形状や素材によっては太陽光発電パネルを多く設置することができず、小さな発電量になってしまう場合もありますし、パネルの設置にあたって屋根の補強工事などが必要になり、工事費が大きくなってしまう場合もあります。

戸建て住宅に太陽光発電を導入するときに相場は100万円~250万円といわれており、5kwの太陽光発電システムの相場は170万円~200万円といったところです。経済産業省が算出したところによると、戸建て住宅に太陽光発電を導入したときの導入費用は161万円となっていて、大体新車1台分の費用が必要と考えてよいでしょう。 太陽光発電の導入にあたっては大きな導入費用がかかるため、導入費用の回収を図る場合は、発電量や売電収入、光熱費の削減などシミュレーションした上で設計・導入することが大事です。

  • 多くのお客様からたくさんの笑顔をいただきました!お客様の声はこちら

とくとくショップコラム

太陽光発電のお客様の声

オール電化のお客様の声

Copyright 2019 和上ホールディングス.All Rights Reserved.

0120-054-405 24時間365日対応