コラム

戸建て住宅への太陽光発電導入のメリットとデメリット

|

戸建て住宅に太陽光発電を導入する場合、発電量により異なりますが100~200万円の導入費用がかかるといわれていますから大きな買い物であるといえるでしょう。しかし、新車を購入するのと同じくらの費用で、光熱費の削減ができたり、環境に優しいエコなエネルギーを利用できる、そして災害による大規模停電が発生しても太陽光発電の機器に故障等がなければ電力を作り出すことができるといったメリットから戸建て住宅に導入を検討する人も少なくないようです。

太陽光発電を導入したときのメリットは何といっても余剰電力を電力会社に売電して収入を得ることができることでしょう。太陽光発電システムで作りだした電力は、再生可能エネルギーの普及を目的としたFIT法によって高い価格で電力会社に売ることが可能です。売電価格は毎年見直しがされており、再生可能エネルギーの増加によって売電価格は年々下落していますが、それでもまだ高い状態のため、売電をして一定の収入を得ることは可能です。太陽光発電には10kw未満の住宅用と10kw以上産業用があり、産業用太陽光発電では作り出したすべての電力を売電することができますが、住宅用太陽光発電の場合、余剰電力を売電することができます。そのため夫婦共働きで昼間はあまり電力を使用しない家庭の場合、作り出した電力の多くを売電することができます。

一方、昼間に電力をよく使う家庭の場合、太陽光発電で作り出した電力を利用することができるため光熱費の節約になりますし、電力を貯めることができる蓄電池を導入して太陽光発電と組み合わせて利用して自家消費型太陽光発電にすれば、光熱費の大幅カットにもなります。また太陽光発電システムへの国の補助金はすでに終了していますが、自家消費型太陽光発電に対しては国屋や地方自治体が補助金を支給しており、うまく利用すれば導入費用を大きくカットすることができます。売電価格の下落や電気代の高騰といった事象から、最近では戸建て住宅でも自家消費型太陽光発電の導入や切り替えを検討する人が多くなっているようです。

メリットの多い太陽光発電ですが、なんといってもデメリットは大きな導入費用がかかることでしょう。導入費用の回収を図る場合は、住宅内の電力の使用量、発電量、節約できる光熱費などをシミュレーションした上で太陽光発電の設計、導入をする必要があります。そして太陽光発電は、長期間に渡って安定した発電を行うためには定期的なメンテナンスが必要であり、それにも費用がかかります。そのため太陽光発電の導入では、信頼のおける業者に依頼することが大事です。設置後のメンテナンスにも対応する業者を利用すれば、導入後のメンテナンスの相談もすることができます。業者選びにはインターネット上の口コミサイトなどで評判や評価を確認することができるため参考にしながら実績のある業者を選ぶようにしましょう。

  • 多くのお客様からたくさんの笑顔をいただきました!お客様の声はこちら
  • 日本一の販売実績と激安価格!蓄電池専門店とくとくショップはこちら

とくとくショップコラム

太陽光発電のお客様の声

オール電化のお客様の声

Copyright 2019 和上ホールディングス.All Rights Reserved.

0120-054-405 24時間365日対応