会社案内

失敗しないために!エコキュートの買い替えポイントと交換費用

|
「エコキュートの調子が悪い」「お湯が出ないし、エラーが表示されるようになってきた」とお困りではないでしょうか?エコキュートも機器なので、使用しているといつかは故障します。そうなると修理か買い替えとなるでしょう。 「せっかく修理するなら新しいエコキュートに買い替えたい」とお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、失敗しないためのエコキュートの買い替えポイントと交換費用についてご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

エコキュート交換にかかる費用はどのぐらい?パターン別にご紹介

ここではエコキュート交換に掛かる費用についてパターン別にご紹介いたします。

新しいエコキュートへの買い替え・交換

買い替え・交換時の工事内容としては、以下のようなものがあります。
  • ・現在使用中のエコキュートを撤去する
  • ・新しいエコキュートを設置する
  • ・古いエコキュートを運び出して処分する
現在使っているエコキュートから新品のエコキュートに交換する場合には、合計で40万前後の費用がかかります。エコキュートを取り付ける際の工事費用として9~12万円ほど、エコキュートの本体価格として20~35万円ほどの幅があります。 ただし、費用や工事の内容は一般的な例であり、設置するエコキュートや現在使用しているエコキュートの状態によっては、工事の内容や費用が異なります。正確な費用は工事業者に依頼して見積書を作ってもらうといいでしょう。

電気温水器かからエコキュートへの買い替え・交換

現在、電気温水器を使用中で新しくエコキュートへ買い替える際には、合計30~50万円程度の費用がかかります。 エコキュートを取り付ける工事費用が10~15万円ほど、エコキュートの本体価格が20~35万円ほどです。

ガス給湯器からエコキュートへの買い替え・交換

ガス給湯器から新しくエコキュートを購入して付け替える場合には、およそ30~60万円程度の費用がかかります。 費用の内訳としては、取り付けの工事が10~20万円、エコキュート本体の費用が20~35万円、電力会社への申請費用が3万円程度です。

エコキュートの故障の種類

ここではエコキュートの故障の種類についてご紹介いたします。故障の種類を知っておくことで、いざというときに役立つ可能性があります。ぜひご覧ください。

エコキュートの初期故障(初期不良)

エコキュートは様々な部品が複雑に組み合って1つの製品として機能している精密な機械です。そのため、テレビやパソコンといった他の電気製品にもよくある「初期故障(初期不良)」もエコキュートの故障として数えられます。 この初期故障に関しては、施工不良が原因でない限り無償で修理対応してもらえるので、そこまで大きな問題にはなりません。 その他にもエコキュートの初期故障には、配管や配線等設置段階で何らかのミスがあり、正常に作動しないということもあります。これは「施工不良」や「設置不良」と呼ばれるものですが、こちらも施工業者に連絡すれば無償対応で設置し直してくれます。(消耗品に関しては例外である)

経年劣化による故障

エコキュートの故障として最も多いのは「摩耗故障」と呼ばれるものです。摩耗故障とは、エコキュートの湯量等を管理する場所に使用されているパッキンや弁が、何度も利用しているうちに摩耗してしまう現象のことを指します。 こういったタイプの故障は、摩耗したパッキンや弁の部品を交換すれば問題ありません。メーカーのエンジニアがお伺いし、対応致します。 メンテナンスを怠っていると摩耗した弁から水漏れが起こり、冷媒回路等他の箇所が故障してしまうことがあります。他の箇所まで故障するとその分だけ修理費用も高くなっていきますので注意して下さい。 エコキュートは性能に関係なく、自然に劣化が起こる部品があります。劣化している部品を早めに見つけるためにも、定期的なメンテナンスが重要です。

偶発故障

エコキュートを設置した初期段階では気づけなかった問題が、時間経過と共に障害を引き起こして故障につながることを「偶発故障」と呼びます。 これはエコキュートに限らず、様々な製品で起こる故障の1つです。例としては次のようなことがあります。
  • ・初期段階では気づけなかった電子部品の接触不良があり、それが時間の経過と共に故障を引き起こす(メーカー)
  • ・配管に僅かな歪みがあり、初期段階で気づけなかったものの、使用しているうちに何かの拍子で歪みが大きくなり、水漏れが発生する(工事)
  • エコキュートでは珍しいケースですが、このような故障はエコキュートの寿命を急速に縮めてしまう原因になります。急にエラー表示が出るようなった場合はすぐに設置した業者に依頼し、メンテナンスをしてみましょう。 ただし、偶発故障はエコキュートの初期不良が原因だと証明できない場合、無償修理が難しくなります。ある程度有償修理になってしまうことも覚えておいて下さい。(修理の出張費など)

    寿命と思った方がいい故障にはどんなものがある?

    エコキュートはいつか故障するものです。しかし、少し修理すればエコキュートの寿命を延命することができます。一方、寿命による故障についてはエコキュートの買い替えを検討しなければなりません。ここでは、寿命と思った方がいい故障についてご紹介いたします。

    エコキュートの耐用年数が近づいた時

    エコキュートに限らず、電気製品は「耐用年数」というものがあります。この年数に近づいて故障が現れた場合には、修理ではなく買い替えの時期がきていると考えた方がいいでしょう。 耐用年数まで使ったエコキュートの修理は数ヶ所に及ぶ上、費用もかかります。修理しても別の場所に故障が見つかることも多く、結局買い替えるしかなかった…ということが多いのです。 エコキュートは、耐用年数が近づくとエラー表示がよく出るようになります。 「エラーになる回数が増えてきた」と思った時は、購入した年を調べ、耐用年数に近づいていないかどうかチェックしてみるといいでしょう。

    修理費用が10万円以上かかる故障

    エコキュートの故障の中でも、ヒートポンプユニットの交換等は10万円以上の修理費用がかかる場合もあります。ヒートポンプユニットはエコキュートの部品の中でも非常に重要なもので、これが故障している時は他も悪くなっていることが考えられます。 そのため、結果的に買い替えてしまった方が安く終わることもあります。

    15年以上利用しているエコキュートは買い替えが安全

    エコキュートの耐用年数は10~15年です。この耐用年数を超えて利用しているエコキュートに故障が発生した場合には、買い替えサインと考えましょう。 修理してもすぐ他の箇所が故障してしまい、修理費用が無駄になってしまいます。

    買い替えの際はエコキュートの本体価格が安いものを選ぶ

    エコキュートの買い換え費用そのものを抑えたい場合には、エコキュートの本体価格が安いものを選ぶといいでしょう。 最低限の機能がついている給湯タイプは最も安く、機能性に優れたフルオートタイプと比べて10万円以上の価格差があります。 少しでも費用を抑えたい時には、エコキュートの本体価格が安い給湯タイプがお勧めです。

    まとめ:使用状況をチェックしながら、適切な時期に買い替えよう

    エコキュートの耐用年数は10~15年程度が一般的です。しかし、エコキュートだけではなくどのような製品でも、きちんとメンテナンスを行っているかどうかによって寿命は大きい差が出てきます。 15年を超えても利用できている方もいますし、反対に5年程度で買い替えが必要になるほど故障してしまう方もいます。 どちらにせよ、一生使えるものではありませんので、今回ご紹介した内容を参考にして、エコキュートの寿命を適切に判断し、買い替えを検討して下さい。

賃貸住宅をオール電化にするメリットとデメリット

|

給湯や調理、空調など住宅内のエネルギーをすべて電気で賄うオール電化の住宅は、光熱費を削減できること、火やガスを使わないため火によるトラブル、一酸化中毒、ガス漏れといったリスクが少ないといったメリットあり注目されています。そのため最近では賃貸住宅の中にもオール電化の住宅が増えているようです。物件情報を探すとき、インターネット上の大手住宅サイトを利用する人が多いでしょう。オール電化の賃貸住宅の増加によって、インターネット上の大手住宅サイトでもオール電化を条件にして賃貸住宅を検索できるようになっているところがあります。賃貸物件を借りる人によってはオール電化の住宅はそれだけメリットがあり、ニーズがあるということでしょう。

賃貸物件のオーナーが収益を上げるには空室を作らないことですが、空室を作らないためには立地条件や物件の付加価値がポイントです。オール電化住宅は、光熱費の削減ができるなど入居者にとってのメリットがあり、募集する上で大きなアピールポイントになります。また物件の付加価値が高ければ長期に渡る入居者の確保にも繋がります。

近年、災害によって大きな被害がでていることから、災害で大規模停電が起こるとオール電化の住宅ではすべての電化製品が使えなくなってしまうというと心配をする人も多いようです。しかし大規模災害ではライフラインのすべてが止まってしまう場合が多く、そんなときに最も復旧が早いのが電気です。そのため、オール電化の住宅は復旧が早いといったメリットもあります。オール電化情宅にさらに太陽光発電と蓄電池を導入していれば、電力の確保ができるため、災害時にも電気製品を使うことができるようになります。

物件のオーナーにも入居者にもいろいろなメリットのあるオール電化の住宅ですが、オール電化の住宅にするには大きいな費用がかかるところが物件のオーナーにとってデメリットといえるでしょう。オール電化の住宅については国や地方自治体などで補助金を支給しており、うまく利用すれば導入費用を大きく軽減することができますが、それでも大きな費用はかかります。

入居者にとってもオール電化の住宅は全くデメリットがないわけではなく、例えば料理が好きでこだわりがある人などにはIHクッキングヒーターに対応した調理器具しか使えないというのはデメリットといえるでしょう。IHクッキングヒーターに対応した調理器具を持っていない場合は買い替えを検討することになります。またお湯を作るエコキュートなど機器は、電気料金の安い深夜に稼働させますが、その稼働音が気になる人も中にはいるでしょう。オール電化住宅を借りる場合は、オール電化住宅の特徴を知っておいた方がよいでしょう。

オール電化住宅における電磁波の影響に関する真実

|

オール電化の住宅というと、安全性の高い省エネ住宅といったイメージがあります。例えばオール電化住宅では火を使わないため、火によるトラブルが起こりにくいということで、高齢者のいる家庭では検討する人が多くなっているようです。そんな安全なはずのオール電化の住宅で問題になっているのが電磁波による身体への影響です。

電磁波による身体への影響については、オフィスにて問題されていることが多く、ニュースなどで聞いたことがある人はいるでしょう。社会のIT化によって、オフィスではパソコンやコピー機、ルータなど様々な電子機器を利用していて、その電子機器からの電磁波が飛び交っている状態です。電磁波は体内に電気が流れることによって痺れるような感覚を感じる刺激作用、体温があがる熱作用といった身体への影響があります。電磁波は眼精疲労やアレルギー、メンタルの不調といった症状の原因のひとつと考えられ、そのため電子機器を多く使う企業によってはパソコンのアース設置、オフィスの床の電磁波対策などの対策を行っているところもあるようです。

オール電化住宅では電気とガスを利用する住宅よりも電気製品が多いことから、オフィスのように住宅の中に電磁波が飛び交い身体への影響があるのではないかと問題視されることがあります。オール電化住宅で利用される機器の中でもIHクッキングヒーターは電子レンジを同じくらい電磁波を出していることから心配する人が多いようです。結論からいえば、IHクッキングヒーターはICNIPR(国際非電離放射線防護委員会)のガイドラインに沿っており、安全基準を満たしているため、過剰な心配をする必要はないといってよいでしょう。ただし、IHクッキングヒーターが電磁波を出していることは確かですから、妊娠中の女性は、長時間、IHクッキングヒーターの前にいることを控えたり、キッチンについてはガスコンロを利用することを検討してもよいでしょう。

電磁波を出している製品は、電子レンジ、ミキサー、ホットプレート、電気ストーブ、乾燥機、洗濯機、エアコン、パソコン、携帯電話・・・と、すべての電気製品で電磁波が出ています。つまり一般の住宅での電磁波が飛び交っていて、オール電化の住宅だから電磁波のリスクがあるわけではないのです。電磁波の身体への影響は、オール電化の住宅でも一般的な住宅でもどちらでも同じようにあります。現代においては電磁波のない環境を作り出すことは難しく、電磁波の影響を最小限にするには、電気製品の長時間使用を避けたり、電気製品から離れるといった対策を心掛けるようにしましょう。

今さら解説、オール電化のメリットとデメリットとは?

|

高齢化社会を迎えて安全性の問題からオール電化の住宅を検討する人が多くなっていると聞きます。確かにガスを使わず電気のみを使うオール電化の住宅では、ガス漏れなどガスによる事故の心配がなく、キッチンもIHクッキングヒーターを使うため、火の心配がなく安心と考えられています。しかし安全性が高いといわれているオール電化住宅ですが、メリットばかりではなくデメリットもあり、デメリットを承知していないとトラブルもあります。

オール電化の住宅では、調理、空調、給湯などすべてを電気によって賄います。そのため電気とガスを利用する住宅とは異なる固有の設備が設置されています。そのひとつがIHクッキングヒーターです。IHクッキングヒーターは磁力線の働きによって鍋を加熱する仕組みで、火がでないこと、また加熱センサーなどがついていて加熱管理制御が行われています。そのため、鍋の過熱しすぎによる事故など、事故が起こりにくいと考えられ、安全性の面から注目されています。またIHクッキングヒーターは突起などがなく、掃除はプレートを拭くだけで済むため、手入れの簡単なところも支持されているようです。

オール電化の住宅では、「エコキュート」や「電気温水器」といった機器によってお湯を作ります。安い深夜電力を使ってお湯を作っておくといったことが可能なため、電気代を節約することができます。暖房についてもオール電化の住宅ではエコキュートの熱を利用した「床暖房」や日中の熱を貯めて使う「蓄熱ヒーター」といった機器を利用するため、電気代の節約になりますし、太陽光発電と組み合わせて利用すれば、光熱費を大きく節約することができます。電気代やガス代には基本使用料が含まれていますが、オール電化の住宅ではエネルギーを電気に一本化することによってこの基本料金を抑えることができます。オール電化の住宅は、光熱費の節約がしやすい住宅といえます。

メリットの多いオール電化の住宅ですが、オール電化を実現するための機器を導入しなくてはならないため、導入費用が大きいところがデメリットといえるでしょう。またオール電化の住宅では災害による大規模停電が発生した場合、家中の電化製品が利用できなくなってしまいます。ガスに比べて電気の方が復旧が早いといわれていますが、家中のすべての電化製品が利用できなくなってしまうのは不便でしょう。ただし太陽光発電と蓄電池を導入していれば電力を確保することができます。しかしながら太陽光発電と蓄電池の導入にはやはり大きな導入費用がかかります。

とくとくショップコラム

太陽光発電のお客様の声

オール電化のお客様の声

Copyright 2019 和上ホールディングス.All Rights Reserved.

0120-054-405 24時間365日対応